Rogaliaの話 初心者がこの先生きのこるには 前半

ちょっと前までプレイしていたRogaliaの話。
Rogaliaはサバイバルゲーなんだけど、他のサバイバルゲーと違ってそこまでの過酷さは無い。
モヒカン(PK)に会わなければ比較的プレイヤーには優しいゲーム。
見下ろし型の2DゲーかつブラウザゲーなのでPCがゴミカスでも動くのが嬉しいね。


サーバが海外なのでラグがあるのは許してあげて欲しい。そのうちアジア鯖を立てたいと言っているが、現在の人数だと厳しいのでは・・・。

基本的に自分の領地の拡張や農業に時間を奪われるゲームなので、その辺を気にしない人にお勧め。
日本語化も主要部分は殆どされているので、日本人が触りやすいのもいいね。

■Rogaliaでこの先生きのこるには
多少のチュートリアルがあるものの、満足な無いようではないので街に放り出されてからはよく分からない状況になる。
そこで簡単なチュートリアル以降のプレイガイドを書こうと思うよ。

1. 土地選び
まずは土地選び。
チュートリアルで貰ったお金をつかって、銀行から土地の権利書を買う。
ギリギリのお金しか無いので、ここでミスると半端なく痛いので気をつけて欲しい。最悪キャラ作り直しまである。
権利書を手に入れたらポータルから街の外に出よう。
水の確保が割と面倒くさいゲームなので、出来るだけ水場がある場所を探し領地を作る。
水場が無くても街に帰れば水はあるし、後々井戸を作成することで水場は作れるので、空いてなかったら諦めよう。
領地を作ったら真っ先に復活のポータルを作成しよう。

2. 土地を囲う
領地を作ったら次は枝集めだ。
この後作成する皮などは領地内にあっても盗まれる。
盗まれない為には土地を柵で囲う必要がある。
柵は一番簡単な奴でOK。領地内に作れば壊されることは無いし、この先領地拡張で壊す物だから手間をかける必要もない。


これは少し頑張ってしまった柵の例

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です