サーバ移設とグラブル救援検索変更の話

サーバ費用を抑えるためにサーバ移設してみたのでその辺の話と、グラブル救援検索の変更についての話

以前のサーバについて

以前はGoogle Cloud Platform(以下GCP)のCompute Engineにこんな構成で動かしてたよ。

中間にデータベースを挟んでたのは、たぶん一番最初?に救援検索として登場したgbf-raiderさんのところが、半額時によく落ちてたのが理由。
僕が救援検索を作ろうと思ったのも、一番使いたい半額時にgbf-raiderさんが落ちてたから。
gbf-raiderさんと同じ仕組みで作ると人が増えたとき落ちてしまうなーっという理由から↑の構成になってました。
で、この構成をCompute Engineで動かすと大体月4000円になる感じ。
GCPは初回利用時は1年間30000円分まで無料だよ!っていうキャンペーンをしてるので、それを利用させて貰って半年運用してみました。

リリース当初は同様のサービスが少なかったのもあり、1日大体2000人が利用してる感じで結構スペックも上げる必要があったので、
結構がっつりと料金がかかってるという感じでした。

今のサーバについて

6月以降、同様のサービスがぽんぽんと生まれ、人が大分分散してくれたので今だと1日の利用者が500人程度になりました。
で、そうなると同時接続もそこまで多くないし元々gbf-raiderさんがやってたような方式(想像)にしてもいいんじゃないかな?と思ってグラブル救援検索を含めて変更してみようと思いました。
その構成がこんな感じ。(グラブル救援検索って箱消えてるね、うん)

サーバはConohaでVPSを借りました。
美雲このはちゃんかわいい。ログイン画面癒やし。

http://conoha.mikumo.com/
データ転送量が無料ってのがデカいですね。あと初期費用が無料ってのが超デカいですね。
さくらVPSとかだと初期費用で目玉飛び出るような金額でした。
上の構成を見て分かるとおり大分シンプルにした(箱が足りてないからね)おかげでサーバ側のスペックも押さえられたのでサーバ費用は月額900円になりました。
ユーザ数減ったのもあって最近はAmazonアフィで購入してくれる人も落ち着いてきたので、これでもまだ赤字運営だけどまあ許容範囲かなーといったとこですね。
これ+ドメイン料が年間4000円なので実際は1200円ぐらいですかね。

あとは他でも良くあるけどヒットしたら音を鳴らす機能とかつけていこうかなーと思ってます。
なんかあればTwitterか問い合わせで要望くれれば機能追加検討してみます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする