SEKIRO:SHADOWS DIE TWICEをクリアまでやっての感想【隻狼】【ネタバレは塗りつぶし】

スポンサーリンク

時間はかかったものの、なんとか無事クリアまで出来たので感想を纏めようと思う。

45時間でクリアしました

攻略はTwitterに流れてきたネタバレ情報をチラ見した程度で、基本的に見ずプレイ。
道中かなり道に迷ったり、順序通り進んでなかったり、逆にルート省略してしまったり。
また、ラスボスが倒せなくてスキルポイント稼ぎして色々なスキルを覚えてみたりしていたので、結構余計な時間が掛かっている感じです。

中盤のボスで8時間。
更にその先で4時間。
ラストのほうは数日。

正直ラストは苦行とも言える状態でした。

過去のソウルシリーズ、ブラボと比べてどうだったか

難易度

上がりすぎ。
Twitterで隻狼は格ゲーという話を見た。
まさにその通りだと思う。

難易度上昇の要因その1:「危」

「危」マークが出た後、敵の攻撃として下記パターンが存在する。

  • 突き
  • 下段
  • 掴み

これに対して適切な対処をしないと、大ダメージを食らう。
突きの場合は、見切りが正解。最低でも弾き、回避をする必要がある。突きは防御が出来ない。
下段の場合は、ジャンプが正解。最低でも回避をする必要がある。下段は弾き、防御が出来ない。
掴みの場合は、回避しかない。

で、「危」マーク。
これは雑魚でも出るし、ボスだと頻繁に来る。
敵によるが、出てから判断するまで1秒あるかないか。
敵の構えからある程度何が来るか想定できるが、それはもう慣れるしかない。
何回も戦い、相手の動作を覚える。完全に格ゲーで人対策してるときの気分になるわけだ。

難易度上昇の要因その2:Lv上げや武具強化による攻撃力・防御力の強化は存在しない

ソウルシリーズ、ブラボではLvを上げる、武具の強化による攻撃力・防御力の強化があった。
その為、倒せないボスも時間をかければなんとかできる余地があった。

今回は攻撃力・HP・体幹(スタミナみたいなもの)の強化ができるものの、いつでも出来るわけではない。
攻撃力は基本的にボスを倒すことでしか上げられず、HP・体幹はボスまたは特定の場所に落ちているアイテムで上げることしかできない。

ボスを倒す順番はある程度選べる物の、そこまで自由度があるわけではない+攻撃力を上げたとしてもがっつり上がるわけではないので、基本的にはソウルシリーズ、ブラボにおける縛りプレイをしているような状態になる。

こちらの攻撃はちょこっとしか減らないのに、相手の反撃で1/3もってかれるとかザラで運が悪いと即死コースだ。

また、防御力は常に低い状態なので、たとえ雑魚敵であってもなめぷした瞬間死んでいることもある。

ストレスと爽快感

過去最大のストレスが襲ってくる

難易度の項目に書いたとおり、過去のようにLvを上げたり、武具を強化することで攻略できることが難しくなっている。
その為、基本的には何度も繰り返し戦い、相手の行動を覚え、プレイヤースキルを磨くのが攻略のコツとなる。

正直、このゲームのルールを理解しない限り、ストレスは貯まる一方となる。
このゲームのルールとは何か。(ネタバレになるので見たい人は反転で)

「HPを削るのではなく、体幹を削れ」

正直ラスボス近くまで理解していなかった。
HPを削るゲームだと思っていた。
正解は体幹を削るゲーム。
只管攻撃し、反撃されるタイミングを覚え弾き、「危」がでたら適切な対処をする。
これをやるだけで、敵は簡単に死んでいく。

また、このルールを補助するものとして忍具が存在する。
忍具を有効活用することで、敵にとって弱点だったりする場合があり非常に有利になる。
ゲーム内でちょこちょことヒントになっていたりするが、意外と強いなと思っていた雑魚敵にある忍具が効いたりするので、忍具をそこまで使ってない人は使ってみて欲しい。
形代なんか買えばいくらでも補給できる。

このルールに気づかない限り、ストレスは貯まるだろう。

ボスを倒せたときの爽快感は過去最高

そらもう、ストレスためてからの爽快感ですからね。
最強ですよ。

8時間つまってたボス倒したときとか小躍りしてましたよ。
いや普通に踊ってたわ。

マジゲームのルール理解してないときのボスはキツかったわ・・・。

ソウルシリーズ、ブラボファンは買うべきか否か

買うべき人

ゲームの仕組みが変わった物の、概ねソウルシリーズ、ブラボファンは楽しめる作品になっている。
その為、↑のほうで書いた難易度やストレスに耐えられるなら買うべき。
ストレスは相当貯まったが、最後までやってよかったと思える面白さはあった。

買ってはいけない人

過去最大の試行錯誤を要求される。
攻略サイトを見たとしても、そもそもゲームのルールに気づかなかったりプレイヤースキルが足りない等で攻略できない可能性が大いにある。
諦めてしまう性格の人は、せめてパッケージ版を購入して売れる準備をしておいたほうがいいだろう。

隻狼をべた褒めしてる人は、大体がフロム脳という病にかかっているので、鵜呑みにしてはいけない。

まとめ

クリアするまでに大分時間がかかったが、自分は買って良かったと思っている。
プレイしていて楽しかった。
ただ万人にお勧めできるゲームではないので、あえてこのような記事を書いた。
デモンズソウルが出た当初も余りの難易度の高さにディスクを割る人まで居た。
そういう被害者が生まれないためにも、必要だとおもった。

正直な話、今回の難易度についてはフロムはやり過ぎたと思っている。
結果的に楽しめた物の、プレイヤースキルが足りない人への救済策が非常に少ない。
今回フロムの悪いところが出るのでは無いかと予想していたが、完全に出てきてしまったねという感じだ。

今後パッチで緩和される可能性もあるが、その辺は余り期待しない方がいいだろう。

スポンサーリンク

PS4

Posted by narako